電子水とは

電子水は抜群の吸収力があります!

2017年07月07日 18時40分

電子水生成器で生成された電子水を摂取しても、それが体に吸収しなければ効果が薄いです。
しかし、電子水は抜群に吸収力が良い特徴を持っています。
 
水の分子は酸素と水素です。H2Oなんて理科の授業で習いましたよね。
分子同士が結合したグループを「分子構造」と言います。そのサイズはイロイロです。
水も「大きな分子構造の水」と「小さな分子構造の水」に区分されます。
 
水道水や井戸水は「大きな分子構造の水」です。
電子水は「小さな分子構造の水」です。
大きさによって水が細胞膜を通過するパワーに違いが生じます。
 
「小さな分子構造の水」は細胞への浸透力に優れています。
新陳代謝を活発にしてくれます。浸透力が強いので体の細胞の隅々まで届きます。
栄養素を運んだり、老廃物をしっかりと排出してくれたりして健康にしてくれます。
 
電子水はドロドロ血をサラサラ血にしてくれます。
ドロドロ血は「酸化してしまった血液」です。
プラスマイナスのバランスが悪くなってしまった酸化した血液は粘性が強いです。
心臓が全身に血液を送ろうとしても、スムーズに運べなくなります。
 
健康を害することになり、心臓や血管に負担がかかります。
心筋梗塞・脳梗塞・血栓のトラブル・高血圧の原因になります。
 
逆にサラサラ血は、酸化していない血液です。血管の中をサラサラと流れます。
体の隅々まで酸素と栄養分を運べます。脳・内臓・血管・心臓にも負担がかかりません。
 
血液の8割は水分ででききています。
毎日摂取している水は体に吸収されて血液を作る材料になります。
この水が酸化しやすいかどうかは、想像しているよりも大きな問題になります。
 
電子水生成器で生成された電子水を飲んでいると、体の水分が酸化しない水分に入れ替わります。
その理想的な水で作られた血液が体の隅々まで運ばれます。
 
では、どのような仕組みで電子水がつくれるのでしょうか?