電子水とは

電子水生成器で生成された電子水にはどんな特徴があるのでしょうか?

2017年07月07日 18時41分

体が「錆びる」ことを防いでくれます。
人間だけでなく植物も動物も細胞からできており、細胞は分子の集合体です。
分子にはたんぱく質や脂肪などが当てはまります。
 
さらに詳しくみてみると、細胞は原子の集合体になり3つの要素があります。
原子核の(1)陽子(2)中性子(3)電子です。
原子核の「陽子」と「中性子」は一般的に消失することはありません。
もしも、これが起こると核分裂になって、大変なことになります。
 
ですが電子は、普通に生活をしていても簡単になくなってしまいます。
喫煙・睡眠不足・放射能・活性酸素・ストレス・環境汚染などが原因だと言われています。
電子が奪われてしまうと、細胞は正常に機能しません。
植物の場合は、成長したり実を結んだりできなくなりますし、
新しい細胞を作る免疫作用が低下してしまいます。
電子を失うことは酸化と呼ばれ、鉄の酸化も電子を失います。
錆びることと酸化することは同じ意味です。
 
水道水は、通常の浄水処理が行われます。
さらにオゾンの強力な酸化力と生活活性炭による吸着機能を取り入れた浄水処理をします。
その後、カルキ・塩素によって消毒される仕組みになっています。
こういった行程を経ていますから、水の原子は何度も何度も損傷を受けます。
もともと持っていた体力も衰退して、電子を放電して酸化している状態です。
 
こういった水をどれだけ飲んでも健康にはなりません。
電子水生成器で生成された電子水は、錆びてしまった細胞の原子に電子を補給してくれます。
正常な原子となった水を摂取することで健康的な細胞に戻してくれます。
味も美味しいし、健康的な水に生まれ変わります。
 
電子水は長期間に渡って酸化することはありません。
水のクラスター(分子集団)も小さいですから、細胞膜もらくらくと通過しますから、
体の隅々まで行き渡ります。
分子が小さいのでのど越しも良く、まろやかなのでお子さまにもお年寄りにも
安心して飲んでいただけます。
 
血液も体の水分の一種ですし、4割は赤血球・6割は血しょうと呼ばれる液体です。
血しょうのなんと9割は水分になります。
電子水は長期間酸化しませんし、クラスターが小さいのです。
 
そんな電子水を材料にして生成された血液は、まさにスーパー血液と言えるでしょう。
サラサラとした血液で体の全ての細胞に栄養素を届けてくれて、
体内の老廃物を運び出してくれます。
血管にも心臓にもやさしい血液ができます。電子水は弱アルカリ性でpHが7.4程度です。
これは健康な人間のアルカリ度数とほぼ同じです。
 
電子水生成器で生成された電子水を飲むことは自然の理にかなっていることが
ご理解いただけると思います。